【祝】将棋の藤井四段29連勝!14歳で新記録樹立 - 【単複馬券で競馬は勝てる!】競馬は確率との闘いである

600_50

当ブログにお越し頂きまして、誠にありがとうございます。

只今、期間限定でこのブログをご覧のあなたに無料WEB講座を配信しております。

この講座では、先日行われた私のセミナー動画投資競馬に役立つ様々なプレゼントをご用意しております。

そこら辺で公開されている有料情報を凌ぐ内容になっておりますので、きっとこのWEB講座を受けるだけで競馬で勝てる方が続出することでしょう。

是非興味がある方は申請してください。


【祝】将棋の藤井四段29連勝!14歳で新記録樹立

【祝】将棋の藤井四段29連勝!14歳で新記録樹立


第66回 ラジオNIKKEI賞(GIII)注目馬をこちらで公開



どうも、ロジカル馬券師渡部です。

いよいよ今週末からローカルに突入、中央開催も終わったので
今回はちょっと一休みしてかつて気まぐれ更新していた【競馬の深夜学】的な感じでお送りします。

テーマは「やたらと質問ばかりしてもあまり身にはならない事が多い」です。


将棋の藤井聡太四段が29連勝で全人未踏の新記録樹立を果たしました!

全人未踏の凄い記録、例えてみればリトルリーグの
中学生投手がプロ野球に入っていきなり29連勝したようなものでしょうか?
これは今後まず破られる事は無い凄い記録だと思います。

羽生善治王位の話もありました。

29連勝は歴史的な快挙です。
結果も素晴らしいのですが、内容が伴っている点でもすごみがあります。
この記録は時がたつにつれ重みを増してくるはずですし、
将棋界の新しい時代の到来を象徴する出来事になりました。
ひのき舞台で顔を合わせる日を楽しみにしています。

将棋界では羽生7冠の誕生フィーバー以来久しぶりのビッグニュース、
昨夜はTV全局がトップニュースで報道していました。

羽生善治VS藤井聡太四段、ぜひ実現して欲しいですね。

そして塾生のK様よりこんなメールを頂きました。

以下、K様より頂いたメール

【祝】将棋、藤井四段29連勝

藤井四段やりました!凄いですね。

一致率。悪手率など初めて聞く言葉が多いですが

ケイバと共通するところがあるのではないでしょうか。

渡部さんが素晴らしいのはやはり将棋の基礎が出来て

いるからなんですね。よくわかりました。

ムダな馬券は買わない、スキのないケイバを目指して

勝ち進みたいモノです。

新しい馬券の買い方ご指導下さい。

以上、

そうなのです、競馬と将棋は本当に似ています。
競馬で勝つ為には将棋を覚え、アマチュア初段ぐらいになって欲しいと本気で思います。
K様、ぜひムダな馬券は買わない、スキのないケイバを目指して下さいね!



実は藤井聡太四段は詰将棋が大好きでトップ棋士も出場する全国詰将棋選手権でも
最年少で優勝しています。

「衝撃の12歳、藤井聡太奨励会二段(小6)が
第12回詰将棋解答選手権チャンピオン戦で全問正解しプロ棋士らを抑え優勝」

小学生が詰将棋解答選手権で優勝、これがどれだけ凄いのか?

少し説明しておきます。

奨励会(プロ棋士養成機関)では常識となる話しですが

「将棋図巧と将棋無双を全問解いたら必ずプロになれる」という逸話があります。

将棋図巧と将棋無双は江戸時代に作られた超難問の200題。
普通はプロの先生でも全て解くには3年ぐらいかかります。

詰将棋解答選手権にはこのような難問を全て解いているような猛者が100人以上参加している、
恐るべきレベルの大会。そこで小学生が優勝?考えられません。

過去私が奨励会に在籍していた時「○○くん、図巧の88番解いた?
いやーもう3か月ぐらい考えているんだけど全然分からないよ」

などの会話が繰り返されていて羽生さんなども中学生の当時、
必ず将棋図巧を持ち歩いていました。

そんな難問揃いの将棋図巧と将棋無双ですが実は見開きで問題と同じページに
解答が載っています。

けれどもその答えは誰も見ない、回答など見るはずがない前提で会話が流れて行きます。

これがなぜかわかりますか?

実は詰将棋は難問を解く事に意味があるのでは無く、
その難問を数カ月もかけて頭の中で考え、その思考力を養う事に
意味がある事を皆知っているからなのです。

「答えを見るやつは即終了、終わっているやつ」とみなされます。

そもそも100手詰の詰め将棋だと10万手ぐらいの変化を読む事になるので
86手目の分岐で王が43に逃げた時早詰めだよね、あそこの変化手順は
どの手を正解にしたの?

などと普通に突っ込まれただけでアウト、本当に自分で解いたかかどうかなど
一目両全、そこはプロの世界なのでごまかしなど不可能。

奨励会員同士なら1問の詰め将棋の変化を語り合うだけで一晩飲み明かす事が可能、
江戸時代にそんな難問が無数に存在していた事がまた脅威なのです。

そんな詰将棋を解く事などで強靭な集中力や思考力が養われ、
将棋の指し手に多大なる深みと底力が加わる事になります。

今はパソコンで将棋の最善手を1秒で検索する事も可能な時代、
無料で配布されているソフトであっても数億手を1秒で検索し正解を教えてくれます。

ちょっと前にトップクラスのA級棋士がソフト問題で大騒ぎになりましたが
ソフトを使われたらすでに人間は将棋で勝てないのです。

なので安易に局面で検索をすれば100点の指し手をパソコンが教えてくれます。

だけれどもそれなら皆がプロ棋士レベルに強くなるはずなのにそうならないのが不思議に思いませんか、

その差は何か?


それは

何でもすぐに人に聞き、安易に答えを知ろうとする人と

自分自身で正解を考え続け、思考力を鍛えた人との差です。

「同じ指し手でも深みが全く違うのが将棋」

例えば46歩という手を指した時に200手先の詰みを見越しているのか?
目先の駒を取って利を得たいからなのか?

同じ手でもその志やビジョンが違うと数手先で全く違う局面に移行してゆきます。

過去に将棋を教えていた時

「ここではどう指すのが正解ですか?」

と良く聞かれました。

当然正解を教えるのですが、本当にその手の意味はそのレベルに到達していないと
伝える事が出来ないので真の意味を理解させる事は不可能です。

一応教えますが

???

え、なぜこの手が正解・・・こんな感じになります。

もし説明しようとすると下手をすれば江戸時代の伊藤宗歩ぐらいの棋譜から
現代の将棋までの流れから理解してもらわねばなりません、

もしかすると大山15世名人と升田幸三先生の棋譜を全て覚えてもらう必要も
出てきます。

なのですぐに回答を聞いても意味が無いしそもそも人は全く強くならない。

将棋道場に行くと20年ぐらい初段のままの方がいらっしゃいます。

私は子供のころ将棋を覚えて1年ぐらいでアマチュアの四段になったので
その事が不思議で仕方ありませんでした。

「なぜあのおじさんは何十年も毎日将棋を指しているのに全く強くならないのだろう」

経験値が上がれば嫌でも強くなってしまうはず、わざと下手に指しているのではないか?
そう思うほど本当に不思議でした。

その答えはその後色々な所で指導対局をしていてわかりました。

「すぐに、ここはどう指すんですか?」これを聞く人は全然ダメ、

「分からない事をうんうん唸りながら自分で考え、まずは回答を自分で出す事が重要」

この精神鍛錬を続ける事によってどのような局面でも正しい思考で
正解に導く事が出来るという事なのかと思いました。

勝負の世界は勝ち負けだけなのですぐに人に正解を聞いて安易に答えを
知りたいような人は自然と消えて行きます。

それを知っている勝負師は故に親切に回答を教えるのだという事も知りました、
ダメなら早く見切りを付ける事も出来ます。

勝ち負けの世界では人に聞いている段階でもはや終了。

競馬においても然り、なんでもすぐに回答を求めてくる人がいますが

経験上「質問ばかりしてもあまり身にはならない事が多い」です。

当然私なりに最善の回答をするのですが、それが本当に正解なのか?
自分でもよく分りません、競馬はそれほど単純ではないからです。

先日のキタサンブラックが消えた理由なども本当の意味では
誰にも分りません、競馬を30年続けて思う事。

「競馬は本当に奥が深く難しい」

私自身、競馬をしていてなぜこんな結果になったのか?
疑問に思う事が良くありますが人間に質問などしようと思った事がありません、
そんなに競馬が簡単なら本屋さんにでも行けば正解があるはずですが
しかしそんな本はどこにも売っていません、

特にG1レースなどは終わってから最もらしい事を言う専門家がいますが
私は全くのでたらめばかりだと思います。

だから安易に答えを求めて何でも人に聞くのではなくまずは
自分で研究し考える事が重要。

質問をすれば親切な誰かが答えてくれるでしょうが、競馬で勝てるのは20人に1人、
それは無駄な安心感を得ているだけかもしれません、本当の意味での思考力や自分自身で
判断出来るだけの知識を得る為に努力するのがまずは大事。

本質が理解できていればあとは人間としての常識で対応出来る事がほとんどです。

負けたら人のせい、他人の勝ち負けになぜか執着する人、絶対に勝つ馬とかを聞いてくる人、
などなど

聞くと一流の大学を卒業しているような人が平気で

「来週支払いがありもう負けられません、大変な事になります、
今回だけこっそりと超穴馬を教えて下さい!」

知っていれば教えたい所なのですが私は予言者ではないので本当に無理なのです。

過去12年の競馬記事更新でもメールには必ず返信しましたが
意味の無い質問をしてくるような方は結果として皆消えてゆきました。

能の世界で10年修行を積むと「能の極意を渡されると言います。」

そこに書かれているのはわずか一行だそうです。

その一行を人に聞いて日本語をただ見て終わるのか?

その奥にある本質と本当の意味を感じ取れるかはあなた次第です。

「やたらと質問ばかりしてもあまり身にはならない事が多い」ですし
質問というのはそもそも相手の時間を奪う事になるので的を得ている事が必須
世の中の人々は皆忙しいのでくだらない質問だと相手に思われてしまえば
嫌われるだけです。

的を得ている質問ならどんどんすべきと思いますが依存心たっぷりなら
時間の無駄になる事が多々ありますし

何でも3日ぐらい考え続ければ大体の事は結論が出ます。

競馬は負けた人のお金を勝った人が持ってゆくルール。

色々な意味を含め、自分自身が成長し馬券で勝ち
生き残る為にもまずは自分で考えてみる事をお勧めしておきます。


という事でプロフィットセミナーの応募状況についてのご連絡です。

29日 東京=募集終了

30日 東京=残り9名ぐらい

8月5日名古屋=残り7名ぐらい

8月6日大阪=募集終了

全体としては9割方埋まりました。
参加予定でまだの方はぜひお申し込みをおすすめいたします。

Profit Sniperセミナー



第66回 ラジオNIKKEI賞(GIII)注目馬をこちらで公開


「万馬券レコード」的中報告

万馬券レコード 特典付き指定リンク


毎週相手や完全予想をメルマガにて配信中!
メルマガ⇒ https://goo.gl/Qj09AL


| TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバック
アルティメット投資競馬理論
art.JPG
Copyright © 【単複馬券で競馬は勝てる!】競馬は確率との闘いである All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます