有馬記念必勝の法則(1) - 【単複馬券で競馬は勝てる!】競馬は確率との闘いである

600_50

当ブログにお越し頂きまして、誠にありがとうございます。

只今、期間限定でこのブログをご覧のあなたに無料WEB講座を配信しております。

この講座では、先日行われた私のセミナー動画投資競馬に役立つ様々なプレゼントをご用意しております。

そこら辺で公開されている有料情報を凌ぐ内容になっておりますので、きっとこのWEB講座を受けるだけで競馬で勝てる方が続出することでしょう。

是非興味がある方は申請してください。


有馬記念必勝の法則(1)

有馬記念必勝の法則(1)

過去10年の有馬記念は、名コンビの活躍がとても目立つ。
過去10年の連対馬で前走と違う騎手だったのは、
2003年のリンカーン(横山典弘騎手→武豊騎手)のみ。
基本的にはいわゆる「お手馬」を重視すべき、その理由はおそらく

中山の芝2500mがコーナーを6回も回るということで

乗り馬との呼吸が合っていないと難しいコース形態なのかもしれない。

今回のドリームパスポートは今回内田博、騎乗予定

過去10年に限ってはかなり深刻なデータかもしれない。


ただし、3着には乗り替わりの馬が
結構入っている。

 

前走の騎乗騎手の比較(過去10年)


  成績
前走と同じ騎手 10-9-5-79
乗り替わり 0-1-5-37

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバック
アルティメット投資競馬理論
art.JPG
Copyright © 【単複馬券で競馬は勝てる!】競馬は確率との闘いである All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます